忍者ブログ



投票 貴方の一番お気に入りのTUBE(チューブ)のNo.1アルバムは?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



amazon TUBEをさがす


TUBE野外ライブ 2006年ポートメッセナゴヤ ライブレポート

 

06.09.09TUBE LIVE AROUND SPECIAL 
2006 IN ポートメッセナゴヤ ライブレポート
この夏一番のメーンイベント チューブ野外ライブ行って来ました。
今年の野外ライブツアーは名古屋・横浜・大阪と3ヶ所で
9月2日の甲子園球場で終了しましたので
ポートメッセなごやのライブの感想を書いて行きます。

6時開始のライブまで、30分ほど前に席につきましたが、
今回25列のほぼセンターでしたので、
非常に満足できる位置でした。ただセンターステージがあれば、さらにラッキーでしたが・・・
スタジアムと違い後方では段差が無いので
見にくいのかと想像できます。
開始予定6時も過ぎ、TUBEチャチャチャ・チューブチャチャチャのかけ声や
ウェーブ(今回大波にはならなかったですが・・)が
どこからともなく、発生しいよいよライブ突入モードに入ってきました。
開始は約20分遅れの開始になりました。
やっと、ライブの始まりです。なごやから野外は開始だったので、
曲の流れが全く判らず、ある意味新鮮な気持ちでワクワク感いっぱいでした。
6時過ぎなのにスクリーンにめざましくんが写って「5時55分5時55分」
はじめに出てきたのは、TUBEでなくめざまし体操第二の体操で
「めざましどようび」のお天気キャスター小林麻央さんが
めざまし体操キャラバンと一緒に、
☆めざまし体操第二☆をしに遊びに来ました。
会場内から、オッーとどよめきがたち、
自分もはじめてみたけど、とってもかわいい子でした。
すこし緊張している感じでしたが、一生懸命やっていました。
ちなみに、真央ちゃんのお姉さんは、
TBSアナウンサーの小林麻耶さんです。  

今年はどの曲がオープニングかと思っていたら
ラララー、ラララーといきな し

1曲目「海の家」(夏景色 2004年)

でヒートアップです。
前ちゃんはステージ右側から 神輿に乗り、
巨大ヤキソバを作りながらの登場です。
この曲は、CDにエクストラ・コンテンツとして、
パソコンで「海の家」のプロモーションビデオが見れて
娘とひっしこいて振付をおぼえた
記念の曲でオープニングから大満足です。

2曲目は、「恋してムーチョ」(TUBEst2 1996年)

この曲もノリノリで飛ばしています。

ここで、ようこそ名古屋へと前ちゃんがあいさつ。暑いと早くも言っていた。

3曲目 チェリー (B☆B☆Q 2006年)
4曲目 みんなガンバレ(B☆B☆Q 2006年)

と今年のアルバム曲が続きましたがやっぱり、
CD聞いているのとは生だと全然違います。
こんないい曲と思うくらいでした。

5曲目 SUMMER DREAM(SUMMER DREAM 1987年)
6曲目 Beach Time(TUBEst 1989年)
7曲目 涙を虹に(夏景色 2004年)

と新旧交えながら、海をイメージする構成でした。

8曲目 サンディー(HEART OF SUMMER 1985年)

ここで思いっきり懐かしいデビューアルバムにある
曲でしんみり聞かせてくれました。続いて

 

9曲目 ひだまりB☆B☆Q 2006年)

 この曲の歌詞はカップルには良いですね。

10曲目 明日への道Beach Time  1988年)

と続いたバラード。
最後に噴水ステージにスタッフがシートを
張りに来るので事前にわかっちゃうけど、何回見ても飽きないです。
風が浜風でしたので左に流れたので、
臭い水(?!)を浴びることはできなかったです。 
その後、着替えタイムでは春ソロでは、
春ちゃんののった台がワイヤーで吊られて飛びました。

SILVER UNICORN(春ちゃんソロ)
WAVE RUSH(春ちゃんソロ)

このあと

11曲目B☆B☆Q(B☆B☆Q 2006年)

自分勝手な予想で、ここで「渚のオールスターズ」が
友情出演で登場して、バックコーラスと思っていたのですが、
普通に歌ってしまった感じです。TVの影響なのか、
女性がバックでいると曲が輝いた感じだったので、
あっけない感じがしたのは自分だけかな?

ここから前ちゃんいわく「二の腕の運動」
シリーズの曲で効果があれば・・・

12曲目 Horizon(終わらない夏に 1994年)
13曲目 Lonely Revolution(Remember Me 1988年)
14曲目 傷だらけのhero(終わらない夏に 1994年)

Horizonは、「誰より君が大好き、とにかくいの一番大事」と
結構ストレートな歌詞だが
友達の彼女を奪ってしまっても、
真っすぐ貫く思いを歌った曲だが、
なぜか娘が4才位の時、
初めておぼえたTUBEの歌詞のフレーズでした。
傷だらけのheroは、ボロボロになっても・・・と、
とても勇気をくれた曲です。
筋肉痛 になるぐらい振りまわしました 。
ここで、1回目のアンコールです。
私は、後方に喫煙所があったのでちょっと一服タイム 
大勢の人がたむろしていました。

15曲目 Bad Beach Quest(B☆B☆Q 2006年)
16曲目 彼女は夏のデザートB☆B☆Q 2006年)
この時は毎年恒例のコントの様な感じで
前ちゃんがこんなカブリ物で登場です。
「BBQマン真夏の決闘」

替え歌で、「暑いよ~この衣装暑いよ~たまらないんだ」
と歌っていました。
リンダ伊藤に、あなたの気持ちよく判ったと言っていました。

17曲目 恋のMagma(OASIS 2003年)

お次は野外ライブでは、なくてはならない曲、

18曲目 Hot Night(Beach Time  1988年)

最後に水柱ドカーン
今年の音はいつもより大きく響いた感じ だった。

2回目のアンコール

19曲目 みんなの海(B☆B☆Q 2006年) 

生で聞くと、心に響く感じ だった。

20曲目 ジラされて熱帯(TUBE 2005年)

振り付きナンバーですが、この曲もノリノリで大好きです。

21曲目 あー夏休み(N・A・T・S・U 1995年)

ラスト カラオケでは今でも歌っていますが、
まさか野外ライブのラスト曲になるとは、意外 だった。

今年の野外ライブは、想定外も有りましたが、
曲数が例年に比べると少ない感じで消化不良で 、
コントを少なくしてでも、歌が聞きたかったです。
また、横浜・大阪では「渚のオールスターズ」の
メンバーが駆けつけているので、
名古屋だけ無視された感じで面白くないですね。
しかし、このライブはとても楽しく、夢中にさせてくれて、
あの前ちゃんの歌唱力には何回聞いても
飽きる事のない素晴らしさだと思います。
 

 

ぴあカードを持っていれば、チケットの先行予約など優遇され、便利なカードです。
 
PR



amazon TUBEをさがす

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL